<< じゃっぱ汁 登場! | main | メリークリスマス!いただきました! >>
活魚の田中から新ネタ「鮭児」
 活魚の田中さんで新ネタ見つけました。「鮭児」というとっても高価な鮭です。

見た目はサーモンですが値段はこの一切れサーモンの何倍もします。

一切れ300円!高いと思うかどうかは人それぞれの判断ですね。この「鮭児」という魚には証明書という偉そうなものがついてくるそうです。

証明書があるってことはニセモノが出回ってるってことなんでしょうか?その証明書にはこんなことが書かれてました。
〜世界自然遺産「知床」で水揚げされた本物の「逸品」である。この「鮭児」とは卵巣、精巣が未成熟...つまり、卵(筋子や白子など)を持たない若い白鮭を「鮭児(ケイジ)」という。鮭児と呼ばれる鮭は産卵のためではなく「索餌回遊」...つまり、餌を食べるために河川に帰る年より1年早く回遊してくる鮭で、脂肪の比率が通常の鮭より極めて高く、全身マグロのトロのようで味は絶品です。秋鮭1万匹に1匹程度しか漁獲できない希少価値の高い鮭です。〜 なんだそうです!
こりゃあ食してみなくては!!ということで朝食です。

のっけない丼です。奥の焼き魚は「サメ」です。今日の汁モノは「豚汁」。鮭児を入れて合計金額は950円と朝からちょっと豪勢かも!?。いや〜しかしほんと「鮭児」!美味い!美味い!書いてたと〜りマグロのトロかと思うほどのトロけ具合でした。やさしい弾力感がある身で生臭さというものがまるで感じませんでした。私的には納得の一切れ300円でした。ってより、この美味さで300円は安いのでは?と思った大満足の鮭児の味でした。


| のっけ丼 | 10:29 | comments(1) | - |
コメント
いつも楽しみに見てます。
年末が楽しみだ〜〜〜〜ひさしぶりに田中のおっちゃんの所で、めぇもの食えるぞ!
| ほたるママ | 2011/12/08 11:31 AM |
コメントする